侍日記

ブログの内容はジャンル問わず自分が思ったことを書くブログです。。

フリーター急激







f:id:samuraisisi:20200218134517p:plain





数日前に日本経済新聞の記事でフリーターが急減しているという興味深い記事が出て、内容は小売や外食の現場を担いできたフリーターが急減してピーク時と比べて4割弱減っていることが分かった。


出典:https://r.nikkei.com/article/DGXMZO55669080U0A210C2EA4000?s=5



フリーターの定義としては正社員以外に派遣社員契約社員、パート、アルバイトとして働いている人を指している。

Wikipediaを見ると35歳以上の方はフリーターの定義から外れており、実際は中高年の非正規雇用で働いている方が多い。 ※フリーターの対象年齢は15~34歳まで。




10年以上前なら15~34歳までの若いフリーターの人達は小売や外食業界を中心に働いている人は多くいましたが、若者のフリーターが少なくなってきたのはやはり少子化の影響が大きい。今までは若者のフリーター頼みだったのが今は若者から高齢者と外国人頼みになっている。特にコンビニが一番分かりやすい例。




ここ数年は就職内定率が高くなっている影響で若者の正社員が増えてきたのはもちろん良いことですが、コンビニ、スーパー、外食などのサービス業は今までフリーターを搾取してきたのでこれからはそのビジネスモデルを捨てる覚悟を持たないと今後は生き残るのは厳しくなるだろう。逆に時代の流れを読めずいまだに古い考え方だと自然淘汰されるといえる。

今はどの店に行ってもセルフレジとか増えてきましたが、これからは人が少なくてもやっていける仕組みを作ることが一番大事だと思う。







【管理人のコメント】
飲食店や小売は今までフリーター頼みでずっと搾取してきたのが分かる。









クリック、お願いします👇


社会・経済(全般)ランキング



人気ブログランキング