侍日記

ブログの内容はジャンル問わず自分が思ったことを書くブログです。。

16球団構想








f:id:samuraisisi:20200417172010p:plain












タイトル通りに、元ヤクルトの古田敦也氏が16球団構想について積極的に名乗り上げていましたが、野球ファンの間では16球団構想については賛否両論で意見が分かれている。以前から16球団構想について話は出ていましたが、球界にとって初めての試みで本当に上手くいくのか未知数。



出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200412-00000014-nkgendai-base




16球団構想を目指すには、本拠地の都道府県や球団を運営出来る親会社、選手集め、スタジアムの建設やアクセスなどの問題があるので球団を作るのが非常に難しいと素人の私でも分かる。

もし16球団で試合をやるとしたら、MLBと同じように〇地区という形に分かれて試合をやって、優勝したチームはトーナメント形式でやっていくだろう。



例)

北地区4チーム
東地区4チーム
西地区4チーム
南地区4チーム

優勝した地区はトーナメント戦(MLBでいうWS)に出場。






私は長期的に見てプロ野球が16球団として長くやっていける力があれば構いませんが、10年20年もっと先のことを考えると16球団構想は現実的に考えるとなかなか難しくて個人的には球団を増やすよりも現状維持として12球団のままでいいかなと思う。

ここ数年ぐらいセ・パ両球団とも観客数が増えてきたのは喜ばしいですが、ただ野球界にとって一番の問題点は野球の競技人口が減少しているという残酷な現実が待ち受けている。これは日本だけではなくアメリカも同じ。



野球ファンでも野球の競技人口がしているのはご存知の方はいると思いますが、日本は少子高齢化の影響で若い人の数が減ってきており、昔と比べて高校球児が少なくなっている。今は野球どころか公園でボール遊びする子供が減っているなと感じることが多い(もちろんボール遊びが禁止されているという原因もありますが…。)


出典:https://full-count.jp/2020/01/18/post664767/




将来、野球選手を目指す子供が少なくなると16球団構想どころかプロ野球自体が継続できるかどうか怪しく、そうならないためにはまず野球選手になりたい子供達を増やして上げることが大事だなと思う。










【管理人のコメント】

今年は開幕出来そうにないな…😔










クリック、お願いします👇


埼玉西武ライオンズランキング